So-net無料ブログ作成

玉子焼き道 [グルメ]

妻曰く、僕の得意料理は出汁巻き玉子なんだそうです。
僕は毎日の”おさんどん”はしていますが、レシピと言うものを持たない”思いつき料理の為、特にこれが得意というものはないのですが………………。

玉子は完全食品!!。国民の滋養強壮に、栄養補給にもってこいの食材。
その昔、玉子は病気を患った時に食べるような高価なものだった事情を脱し、高度成長を向かえ、毎日の食卓にあがるようになった頃。1970年代のお弁当のメインディッシュは皆玉子焼き。お父さんもお姉ちゃんも僕も私も、お昼休みにお弁当箱を開けると半分が白地に赤く日の丸に(梅干)、三分の一が黄色いチョット焦げた玉子焼き。後の残りが副菜という状態でした。
まだエアコンは言うに及ばず、クーラーも世の中にあまり普及していない時代。夏場は、愛知県の超渋滞した道路をバスに1時間以上揺られ、教室でのムンムンとした空気の中迎えるの昼休み。名古屋市の亜熱帯と思しき盆地気候を乗り越える待望の昼食(と言っても、高校に着いた早々購買で買ったパンでいつも早弁してたのですが……)。母が作ってくれたころはまだしっとり感に包まれていたものが気温と時間経過で見るからにパリンパリン。箸で水平に持ち上げられそうなくらいカピカピで、噛み締めれば甘じょっぱいスポンジのようでした。
だから、三年間食べ続けて飽きてしまったというのもあるけれど、その食感で好きではなかった。

そうこうするうちに上京しました。
自炊をするようになると玉子は一番身近な食材です。当時、住まいの近くの商店街で毎週土曜日にハッピーデーという名目で特売をしていた。その商店街にあるお惣菜屋は、100グラム180円の肉団子甘酢炒めを100円に。500グラム買えば生卵を10個サービスでくれた。僕の玉子料理道の幕開けでした。
タダで貰った玉子なので心置きなく使える。テフロン加工のフライパンを手に入れ、玉子料理の練習し放題。テフロン加工は、加熱してもツルツル滑る。最初に練習したのは、20余年間家庭で未体験の、オムレツでした。
それまでオムレツといえば、平たい玉子焼きに玉葱とひき肉を炒めたものがのせられ、半月系にたたまれケチャップがかけられたものしか食べたことがなかった。テレビの料理番組や雑誌で紹介されるホテルの朝食に出て来るオムレツは、あのトロトロとしたクリーミーさがとてもブルジョワジーで、僕は半熟の誘惑を受け続けていたのでこれを克服せねば……。失敗しても胃におさめてしまえば勿体無くないもんね!

やがて僕は、この半熟トロ~リの誘惑を己の手で作り出すのである。山吹色にふっくらと盛り上がるオムレツを…………。

さて次の誘惑は、子供の頃から慣れ親しんできた出汁巻き玉子焼きを克服せねばならないのは必然でした。
中京人の僕としては、東京のスーパーやコンビニで売られている”厚焼き玉子”はやたらと甘くて固く、噛み締めてもあまり出汁が染み出さないので馴染めなかった。なんとか中京の玉子焼きを東京で日常的に食べたいと思ったのです。
なぜならば、玉子焼きはオカズの王道なのだから!!

それから20余年(いや、30年だったかもしれぬ)。出汁巻き玉子焼きは人に食べさせればとても喜ばれると知り益々精進を重ねる。取る出汁も、インスタントの粉末出汁から鰹と昆布の一番出汁から二番出汁に変わり、現在は飛魚(アゴ)出汁と白醤油+酒+みりんの組み合わせに至る。しかしながら向上心のまま出汁の量、酒、みりんを増やしていくと焦げやすく、火加減に注意を払わねばいけないのでだんだん作らないようになってしまいました。
だがしかし、やっぱり出汁巻きは人に喜ばれる
今では、夫婦の記念日の朝に。毎年やっている花見の時に。知人のお宅でオヨバレの時など時々作っています。
レシピというのはないのですが、僕が作る出汁巻き玉子焼きの分量は、玉子2出汁汁(アゴ出汁、白醤油、酒、みりん)1,5ほど。この分量だと焦げ付きやすくかなり折りたたみにくいので、白醤油と酒、みりんを減らし、塩と砂糖の分量を増やしてもいいでしょう。出しの量も少ないほうが巻きやすいです。最初は少なめから徐々に増やしていくほうが失敗しないと思います。
ま、失敗しても胃の中に収めれば栄養ですからね。
玉子料理は難しいですが、楽しんで下さい。
因みに、玉子は濃厚なものを使った方が美味しく作れます。

玉子料理は、人に食べさせれば喜ばれますよ!!

dashimaki.jpg
nice!(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。