So-net無料ブログ作成

鎌倉花火大会2007 [日記]

日本人皆が楽しみにしている夏の風物詩と言えば花火大会ですね。

僕は、鎌倉の花火大会に十数年来行っています。

友人の実家が鎌倉の材木座にあり、打ち上げ会場の材木座海岸まで至近なので、彼が開催日の8月10日の早朝から場所取りをしてくれるのです。おかげでいつも目の前で見ることができ大変ありがたい。しかし、毎年8月に入ると仕事が入らないかヒヤヒヤ。「行くよ」と返事をしておいても撮影が入り行けないことも多いのです。今年は、入る予定だった映画がキャンセルになり、運よく(いいのか悪いのか?)観覧することができました。

鎌倉花火大会は海から上げるのです。観覧席の砂浜からは距離があるので、打ち上げる花火も大きい。都心の花火大会では3号、4号、五号玉が多いのですが、海から打ち上げるところは8号や一尺玉が上がる。花火大会の会場によっては、2尺玉も上げられるそうです(新潟では三尺玉も)。だが、何といっても鎌倉花火大会の目玉は、東京近郊では珍しい水中花火が打ち上げられること。海面から扇状に放物線を描きながら延びてゆく光の帯の素晴らしさに驚嘆し、思わず感動を覚え声を上げてしまう。これを観たさに、僕は、毎年8月10日が来るのを首を長くして待っているのです。

鎌倉花火大会の総打ち上げ数は2900。これ以上の花火大会は多数あります。が、この水中花火の素晴らしさは10000発の花火より魅力的なのです。

近年、ますます人気が出て、大勢の観客が押し寄せるので東京から日帰りで帰るのが鎌倉といえど中々難しくなりました。汗みどろの体ですし詰状態の終電で帰るのは辛いので、僕は一泊旅行としゃれ込んでいます。翌日は鎌倉観光できますしね!!


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

daisy

花火大会は、夏の風物詩ですね。今年も私は実家に帰って、東京・板橋の花火大会を見ることができました。以前は、ベランダからよく見えたのに、近年、高層マンションが立ち並んだせいか、音だけを楽しむようになってしまいましたが、それでも毎年の楽しみですね。今年はちょっと足を伸ばして、打ち上げ会場の近くまで行ってしまいました。海上ではないので、あまり大きくないのですが、それでも盛大で、きれいで、いつも感動してます。
久しぶりにのんびりもできたし・・・。
今度は、海上での花火大会も見てみたいと思ってます。でも、花火の写真って、なかなか上手く写せないんですよね。
by daisy (2007-08-17 08:33) 

daisy

CMのナレーションが分かりません、ヒントを・・・お代官様(笑)。

ところで、明日ですよね。長江さん。
少し早いけど、お誕生日おめでとうございます。
by daisy (2007-09-08 11:11) 

にゃが

daisyさん

ヒントは「秋味」です。まだ放送してます。

誕生日のメッセージ、ありがとうございました。
ちょっとパソコンから遠ざかる環境にいましたのでお礼が遅くなりました。

まだギリギリで50代ではない……からというわけではありませんが、誕生日は何歳になっても嬉しいものです。
by にゃが (2007-09-25 23:06) 

キャスリンの友達

昨年年末頃に金色のダウンジャケット着て岐阜駅近くのマンガ喫茶まで歩いていかれましたよね。ずっと後ろを歩いてたんです。声をかけようと思ったんですが・・・長江さんは29年前に、渋谷のバックスバーニーでバイトしてましたよね。多分覚えてないかもしれませんが、実は私はその当時(大学時代)コロッケを介してそこでお会いした同い年で岐阜出身のTです。店が閉店してからも一緒に飲んだこともありましたよ。(猪木の物まねをよくみました。)今でもTVや映画で見かけたら懐かしく、嬉しく応援しています。まだまだつのる思い出話しも沢山ありますが、直接お話できないのが残念です。(ベティーさんも元気かなあ・・・)

by キャスリンの友達 (2009-01-13 12:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。