So-net無料ブログ作成

バーゼルの新作を見に [日記]

金曜の夜、銀座にオープンして間もない “ニコラス・G・ハイエック・センター” の ジャケ・ドロー に行って来ました。

このビルは スウォッチグループ のブランドが一堂に会する、アミューズメントパークのようなビル。ショーケースをかねた専用エレベータでお店に入るシステムも斬新で面白く、ビルそのものもお気に入りです。

さて、今回はバーゼルフェアで発表した新作が並ぶということでしたが、気軽に行ったので、すっかり展覧会気分。

ジャケ・ドロー(Jaquet Droz)というブランドは、知る人ぞ知る、の、スイスの時計ブランドなのです。

http://www.jaquet-droz.com/

僕は、ここの、これ見よがしではないけれども普通ではない、存在感のある時計が好きなのです。 

見かけによらず(?)モノを大切にする方なので、流行り廃りや自分の飽きでポンポン時計を買い換えようとは思わないし、第一、こちらのハンドメイドウォッチは定価に関係なく 「一生モノ」 を求める気持ちで選びたい類いのもの。

と、いうわけで、今回は、ギャラリーを覗くだけになっちゃったんですが、あのモデル、そしてあのモデル……と、しっかり胸に刻んで帰ってきました。

実は、ダイアルは、このブランドのシンボルでもある “8” の字をデザインしたものが多い。その数字にちなんで、製造数も “88本” あるいは “8本”(中には1点ものもあり)。だから、どんなに心に刻んでも、そのモデルとは、次にはもう会えないかもしれないんです。

それでも、いつかはあの時計を僕の腕に巻きたいなぁ。

↓ これは、おみやげにいただいたUSBメモリ。こういうセンスもいいですね。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。